To Navigation

Profile - 山木氏語る「少年期」


スキーナウは絶大だった

プロとしてのスキー活動を初め、今期で10シーズン目を迎える。

僕がスキーを始めるきっかけとなったのが、家族とのレジャースキーだ。 今の時代よりも当たり前に、雪が降れば雪山に向かうという北海道のスキースタイルを我が家でも例外なく行なわれていた。

3歳の終わり頃、リフトに乗り、スキーで颯爽と滑り降りる兄の姿に感化し、そりを離脱しすぐさまスキーに挑戦した。

 僕はスピードに強く、小さいながらも「ウェーデルン」ができると言うことで、誰よりも自分はスキーがうまいと思い込み、スキーだけは熱心に続けた。その間、野球少年団や少年剣道なども経験した。剣道に関しては北海道大会まで駒を進めた。

また、茶道やデザイン、プラモデル、Nゲージなど文化的な活動も積極的に行い、運動と文化のバランスを早い段階にて実現した。スキーのトレーニングのために、ロードレース(自転車)や一輪車、MTB、インラインスケート(当時はアイスホッケー用のみ市販、これを流用)をいち早く取り入れ、生活のリズムをすべてスキーを中心とする生活を小学校と中学2年生まで過ごした。

もちろん地元スキーチームなどへの所属はせず、コーチもいない中、自らの考えのもとですべてを行った。この時期、人気テレビ番組「スキーナウ」に大きな影響を受けた。自らのスキーに対する想いは、この番組で絶対的なものとなった。

プロスキーヤーへの想い

スキーに対する僕の趣向は、日本特有の「デモンストレーション」の世界へと向かっていった。大きな理由としては中学1年生で初出場した「北海道ジュニア技術選」(北海道では基礎スキーのジュニア大会が存在)で3位入賞したことだ。 道東地区からの入賞は過去に例がなく、僕に大きな自信を与えた。それ以降、自分はデモンストレーターになり、プロのスキーヤーとして生活をしていきたい、と心に決めた可能性が高いと今では思う。

その後、両親の離婚を機に札幌へ転校。その時期が中学3年1学期という中途半端な時だった。しかし、更にスキーに集中しやすい環境に身を置くこととなり、プロスキーヤーを見据えた環境を整えることに力を注いだ。 進学する高校はスキー場に近くて、下校時に直接山へ迎える場所を選択した。夏は、基礎体力づくりの為にラグビー部に所属した。ラグビーのステップワークは、スキーのターンポジションに共通しているし、持久力も備わるという理由からだ。

冬は特例でスキー部に在籍させてもらった。公認の欠席のもと国体予選やインターハイ予選なども経験し、頭の中はもうデモンストレーターのことで一色だった。アルペンレースに関しては、「参加することに意義がある」程度の意識で経験した。

オガサカスキー北海道Jr.デモチームに所属し、当時のデモンストレーターなどに直接のコーチング、トレーニングを受けた。夏はラグビー部練習終了後にオガサカメーカーチームのトレーニングに、冬は、毎日「札幌盤渓スキー場」に通った。メーカー練習会があればそちらに通う、まさにスキー漬けの毎日だった。この頃からスキー場が営業前でも、勝手に登り、滑るという現在のスタイルに近いスキーも行いその喜びも見いだしていた。

スタイルの違い

さて、この頃の成績は、数ある基礎スキーの草大会のタイトルをほぼ総なめだった。我ながら正規の大会においては、敵無しというところであった。

本物の「技術選」の出場資格は18歳からなので、高校3年生の冬である。当時の最年少記録は19歳。まずは最年少記録更新を目標に掲げた。

大学受験勉強があると大会に出場できないため、推薦入試を目指した。この為(だけではないが…)生徒会長もこなし、着々と本戦初出場に向け準備を進めた。その甲斐あって無事、大学に合格。後は予選を勝ち進むのみ。札幌予選を通過し、北海道大会へ。

約300人中21人までが全日本大会へと駒を進めることができる。しかし結果は惜しくも22位。例年だと26人まで進めるのだが、この年に限っては21人までだった。悔しい誤算で涙をのんだ。結局、翌々シーズンの大学2年生の時に全日本選手権初出場を遂げた。その年全日本選手権では最終日の決勝まで駒を進め、最終リザルトは57位。オガサカスキーチームのトップAチームに選抜され、北海道スキー連盟強化指定選手にも選抜された。

以降、全日本大会へは5年連続出場。しかし、2年目を過ぎた頃から気持ちに変化が現れた。

スキー以外の遊びも覚え始めたこの時期、野外での活動が増え、遊びが自由なことに楽しさを感じ始めていた。しかし、自分が今まで一番大切にしていたスキーが、枠に囚われ、人に採点されているという矛盾。どこかに大切にしていたスキーの、根本的なスタイルの違いに気付き始めた。